海外旅行

テロも含む海外旅行傷害保険で安心して旅行を楽しみました!

index-138

大学生最後の旅行にと男女6人で海外への旅行を決行。
それぞれ友人や親兄弟から情報を探り、海外旅行の時には必ず「傷害保険に入りなさい」と口を酸っぱくして言われました。
そんなのいるー?と思ったけど、丁度あっちこっちでテロだの武装集団だのと報道があり、正直、日本を出たらどこも危ないんだと思いました。

もしもテロに遭遇してしまった時のことを考えて、巻き込まれた場合の補償もあるようにとネットで調べてみると『戦争や武力行使は対象外だがテロは対象とする』という保険がいくつかありました。

武力行使が対象外なのにテロはいいの?と疑問になりましたが、いわゆるテロに含まれるという定義は
『政治的・社会的・宗教・思想的な主義や主張を有する団体または個人もしくは連帯する者がその主義・主張に関して行う暴力的行為』
となっているので、最近多い若者が火炎瓶を投げ込んだとか銃の乱射とか爆弾とかっていうのはテロに含まれるんだろうとのことで念のために、加入しておきました。

行き先はニューヨークでしたが、やはりニューヨークは犯罪件数も多く、銃の所持もありますので入っておいて良かったと思います。
使うことがなかったのが一番ですけど。

いざ当日、飛行機でニューヨークへ行くとそこには日本とは全然ちがう空気が漂っていました。
なるべく深夜に出歩くのは止そうと決めていたので昼のうちに行きたかったお店や見たかった場所を巡って、夜はホテル内でお酒を飲んだりして過ごしました。
ちょっとビビリ過ぎかな?とは思いましたが、卒業旅行で何かあってせっかく卒業したのにその後何もできなくなってしまったら、何の意味もありませんからね!
何よりも全員楽しく無事に帰るというのが最大の目標です。

そんな感じの少し控えめな旅でしたが、バーで知り合った同年代のアメリカ人カップルとなぜか連絡先を交換したり、隣の席に座っていたオジサマと話したりと、意外にも日本とアメリカの異文化交流が出来てすっごく楽しかったです。
平和馴れしている私達からすると、銃を持っているというだけでも怖いイメージがあるけど、それ以上に「これ美味しいよ!」とオススメを教えてくれる人や、道を説明してくれるどころか近くまで案内してくれる人、なぜか肩を組んで一緒に歌うくらい仲良くなってる男性陣などなど・・・
日本人でも最近はあまりないかも?と思うような優しさもたくさん見ることが出来ました。

そうして安全に行って帰って来れたのも、事前の準備をしっかりしていたからだと思うし、今回は使うことはなかったけど備えあれば憂いなしで良かったと思います。
またみんなで旅行に行く時は必ず保険に加入するという意識も持てました。

海外旅行

テロが予想される海外にはご用心

昨年の話です。商店街の福引で、運よく当選した海外旅行のペアチケット。
行先は中東。子供も大きくなって独立したので、たまには夫婦水いらずで旅行に行こうかと思い、旦那を誘って行くことにしました。
ですが、ちょうどこのとき、連日テレビで中東情勢のことや病気について報道されていたので、少し心配になった旦那が調べてくれました。

特に一番心配だったのがテロについて。
突発的に起きることなので、万が一ということも考えて、これに関係している保険に加入しようという話になりました。

中東の各国の情勢については、外務省の公式サイトなどで見るこができました。
私たちが向かうところは、テロの危険性が考えられるので、十分注意してくださいという文言がありました。
危険性のレベルによって旅行の中止を促したり、延期にするよう呼び掛けたり様々な対策が成されているようでした。

保険の加入方法も難しくなく、保険代理店以外のもネットから申し込むことができる仕様になっていたので、忙しい人でも簡単に加入できるようでした。
空港でも加入可能のようでしたが、キチンと内容を確認できない可能性があるとの注意書きがされていました。

加入することにしましたが、対象はテロに対してのもので、戦争になった場合には適応されないということになっていました。
特に問題もなく、保険に加入し、旅行に向けての準備を始めました。

子どもたちにも中東へ行くという話をしましたが、危ないからという理由で中止するよう言われました。
でもせっかく当たったんだし、行ってみたいという気持ちが勝ったので、反対を押し切って旅行の日を迎えました。

テロのに関する情報を随時取り入れ、常に2人で行動するようにと旦那と約束を交わし、旅行を始めました。

到着してからテロや戦争に巻き込まれることもなく、観光地を回ったり、お土産やその土地ならではの食事を楽しんで、帰国。
危ないことは何もなかったと子どもたちに報告し、お土産を渡すこともできました。

帰国後もテレビではテロや戦争についてのことが報道されており、危険に巻き込まれることもなく観光できたのは運がよかったなぁ~と思いました。

今回私たちは何もなかったですが、保険に加入できることも分かったし、万が一ということも考えて入っていた方が自分を守ることにも繋がるなと実感。
こういった制度があるなら、海外旅行も悪くはないかな。
でも今度行くときは、もっと治安がいいところにしよう・・・。

タイ 海外旅行

タイ旅行でテロに備えて保険に加入

友達とタイへ遊びに行くことが決まりました。
タイを行き先に決めたのは、ゾウに乗りたかったからというのと辛い物が好きなので本場のタイ料理を食べてみたいということが理由でした。
そう思って友達とあまり何も考えずに予約してしまったのですが、そういえばタイではちょくちょくテロが起こっているみたいで報道もよくされています。
心配でしたが、格安航空券を予約したのでキャンセルは出来ないし、こうなったら運に任せて行くしかありません。

友達から保険には入っとかなきゃだよね?と言われ、確かに現地では何があるか分からないし入っておくべきだと思い、保険に加入することになりました。
私の両親もタイに旅行に行ったことがあるみたいだったので聞いたところ、水でお腹を壊してしまい、病院で受診を受けたことがあるらしいので、そういう時に備えて保険は必要だと思います。
あと、テロに巻き込まれてケガをしてしまうかもしれません。
保険会社に確認してみると、テロの際起こった損害に適用する保険もあるとのことでした。

テロのせいで負傷した場合に治療費をカバーしてくれたり、あまり考えたくはないですが死亡した時も保険金が支払われるなどするそうです。
念のため、友人と一緒に保険に加入しました。
数日の旅行の保険料なら安いし、全然負担にもなりません。
そしていよいよ旅行当日がやってきました。
無事にバンコクに到着し、観光やショッピングを楽しみました。

本場のタイ料理もすごく美味しかったです。
トムヤムクンやパッタイが一押しでした。
ただ、レストランなどで出される水もお腹を壊さないか不安だったので、常に購入したペットボトルの水を飲むようにしていました。
気をつけていたおかげでお腹を壊さずに済みました(笑)
ゾウには初めて乗り、最初は少し怖かったですが、慣れてくると楽しかったしかわいかったです。
エサやりなんかも体験しました。

心配していたテロもなかったし、安全に楽しく過ごすことが出来たので良かったです。
危険に巻き込まれないよう、人のたくさんいる場所にはあまり近づかないようにしたり、あまり夜遅くに外を出歩かないように気を付けました。
特に女性の観光客は狙われやすいと思うので、注意した方がいいと思います。
おかげで楽しい旅行となり、無事に帰国することが出来ました。
今回は何のトラブルもありませんでしたが、いつどこで何が起こるか分からないので海外に行く時は危険に備えて毎回保険に加入しようと思います。

イタリア 海外旅行

イタリア新婚旅行でリスクに備えて保険に加入

新婚旅行でイタリアに行くことになりました。
ローマの休日という映画に魅了されて以来、ずっとイタリアに行ってみたいと思っていました。
今まで遠くてなかなか行く機会がなかったのですが、新婚旅行の行き先を決める時に夫と意見が一致して運良くいけることになったんです。
旅行代理店で予約をした際、保険の加入を勧められました。

確かに保険は加入してた方が安心なので、何かの保険には加入しようと思っていたところでした。
保険の種類も様々で、例えばスーツケースの紛失や破損の際に補償をしてくれるものや、ケガなどの治療費を補ってくれるもの、亡くなった際に支払われる金額も加入するプランによって異なります。
イタリアは盗難が非常に多い国なのでその心配もありましたが、もう1つ心配だったのはテロでした。

イタリアでテロは今の所大きな報道はありませんが、近隣国のフランスがテロに巻き込まれたりと今や世界中の至るところでテロが多発しているため油断は出来ません。
イタリアは、有名な観光地もたくさんあり人が集まる所なのでテロの可能性も十分考えられるからです。
そこで、もし旅行先でテロに巻き込まれて負傷した際も補償してくれる保険があるのかどうか質問してみました。
補償対象になるものもいくつかあるようだったので万が一に備えて保険に加入することにしました。
いよいよ旅行当日です。

私たちは添乗員付きの団体ツアーで予約していたので、個人旅行に比べると比較的安心だったと思います。
テロなどの発生等で旅行途中に危険だと想定された場合は旅行が中止になるのもやむを得ないと聞いていたので、とにかく危ない目に巻き込まれないように祈るばかりでした。
最初は緊張していたのですが、だんだん不安も少なくなり自然と旅行をエンジョイしようと思えるようになりました。
ただ世界中から多くの観光客が来ていて、どこにいても人でいっぱいの状態だったのでテロには十分警戒が必要だと思います。

今回何のトラブルにも巻き込まれることなく無事に旅行を終えることが出来ました。
憧れのローマも散策出来たし、パスタやピザなどすっごく美味しいものがたくさん食べれて感動しました。
旅行から帰国した際、主人のスーツケースに穴のような凹みが出来て若干損傷してしまったのですが、その修理費用が保険から降りました。
こんなので保険が利くのかなぁと心配でしたが、一応聞いてみて良かったです。
テロに巻き込まれなくて良かったですが、このように意外な場面で保険が適用されることもあるので万が一に備えて保険に加入しておくと良いと思います。

海外旅行

行き慣れた国でもリスクに備えて保険の加入は必要です

夏休みを利用してカナダのバンクーバーに行ってきました。
5年前そこの語学学校へ1年間留学した経験があり、久しぶりにホストファミリーや友達に会いに行こうと思ったんです。
ホストファミリーや友達の家に泊めてもらうことになり、費用は航空チケットだけで良いのでラッキーでした。
慣れた国ではあるけど、一応海外旅行傷害保険に加入するのが良いかなと考えて、保険加入することにしたんです。

実際、カナダに留学中も病気になり病院で受診したり薬を処方してもらい、保険がおりたので保険に入る必要性は身を持って分かっていたからです。
海外で起こりうるリスクと言えば、飛行機事故やケガ、病気、盗難・紛失なんかが考えられます。
あともう1つ考えられるのがテロです。
もちろん大好きなカナダでそんな最悪のことが起こることは想定したくありませんが、テロは世界中で起こっているし可能性はゼロだと言い切れません。
それに、1年に1度バンクーバーで行われている大きなパレードがあり、それに行く予定にもしていました。

パレードは人が多く集まりますし、テロの標的にもなりやすいです。
なので、テロに備えて入れる保険がないか確認してみました。
戦争や武力行使などに該当しないテロは補償対象になるものもあるようで、治療費用であったり、救援者費用、負傷による死亡や後遺障害、携行品損害など広い範囲で補償してくれることが分りました。
10日間程度の旅行なら保険料もそこまで高額ではないので、負担にもならないし入っておくと安心出来ます。
そしていざ渡航へ!

空港までこちらの家族がわざわざ迎えに来てくれました。
久しぶりの海外だったので最初は緊張しましたが、再会した瞬間嬉しくて緊張が一気に解けました。
留学以来は英語を使う機会があまりなかったので、自分の語学力の低下ぶりにショックを受けてしまいましたが、言葉に詰まっても受け入れてくれるホストファミリーや友達の優しさに心が温まりました。
滞在中はテロの心配のことなんてすっかり忘れて何のトラブルもなく楽しく過ごすことが出来ました。

パレードの時は少し心配だったのですが、何にも起こらなかったので本当に良かったです。
楽しかった10日間はあっという間に過ぎて、時間が全然足りないくらいでした。
またカナダに住みたいなーと思ったので、お金を貯めてワーキングホリデーに行くのもアリかな・・・なんて考えていたりします。
そんな時も保険の加入は忘れないようにしたいと思います。